飲食店・カフェ・バー

バー武蔵バンコク(BAR MUSASHI BANGKOK)

バー武蔵バンコク(BAR MUSASHI BANGKOK)

カオサン通り近く常連客で連日賑わう日本人経営のバー武蔵 タクシン政権のバー規制が転機で”食事も美味い飲み屋”へ大転身

17 Samsen Road, Banglampu Bangkok
営業時間 18:00~24:00(ラストオーダー23:30)
電話 091-819-5455(日本語Ok)

 バー武蔵は2000年1月にカオサン通り近くにオープンしています。カウンター4席と4人座れるテーブルが配置され全部で25人ほど座ることができます。「飲み屋だけど、食事も美味しい」と常連客が集まるため予約済みの席が多く入れないことがあります。予算は1人300バーツくらいからです。

バー武蔵入口
 この日もカウンターとテーブル2席は予約済みと座れない可能性もあるので事前連絡を入れておいた方ががいいと思われます。

予約済みの席が多い
 壁には常連客の写真がビッシリと飾られています。バー?居酒屋?レストラン?どこか無国籍な不思議な空間です。

4席あるカウンター
 4席あるカウンターには、キープされているボトルが横にズラズラと並びます。

お勧めメニュー

アサヒ生ビール(ピッチャー)

アサヒ生ビール(ピッチャー) 200バーツ

ポテトサラダ

ポテトサラダ 100バーツ

肉野菜炒め

肉野菜炒め 120バーツ

麻婆豆腐

麻婆豆腐 120バーツ

とりから 120バーツ

その他メニュー

冷やしトマト

冷やしトマト 40バーツ

キューちゃん

キューちゃん 70バーツ

やっこ豆腐 100バーツ

タコの酢の物 100バーツ

お好み焼き 160バーツ

大人数だとタワービールがお得
 大人数だとこんなタワービールで盛り上がれます。中に細長い氷が入っているため最後まで冷たく飲めます。

取材を終えて・一言コメント

 「うちは飲み屋ですから」と常連客から親しみを込めてミッチーと呼ばれる店主の上田さんはバー武蔵は開店当初の武蔵を語ってくれました。 DJを入れてバーとしてスタートさせたのが2000年1月、当時は食べ物はなく、飲み物だけの文字通りバーだったそうです。その後、お客さんからの要望でもろきゅうなどの酒のつまみを提供するになり、フードメニューがスタートしています。

 そんな同店に転機が訪れたのは、タクシン政権が打ち出したバーの営業時間規制だったそうです。未成年者への悪影響からバーなどの深夜営業を規制された結果、同店も24時閉店を余儀なくされたため方向転換をせざるを得ない状況へと追い込まれます。

 飲み屋であることは変えず、食事もできる飲み屋への方向転換を決断し、フードメニューをコツコツ増やしていきます。現在、上田さん1人で作る料理は80種類以上あります。聞くとどこかで料理修業を積んだ経験があるわけではないそうですが、その味は日本人の常連客の足を度々店へ運ばせます。今ではタイ人の固定客も多く、カオサン通りに近い場所柄、様々な国の旅行客も訪れて連日のように賑わっています。

 今日もカウンターの奥で1人黙々と料理を作る上田さん。同店は、お世辞にも店内はきれいとは言えませんが、お酒が進む美味しい食事と友人や仲間たちとワイワイできるこの雰囲気に魅了された人たちが今夜も集まってくるのでしょう。

参考サイト
鈴木 峻(たかし)のホーム・ページ

常連さんの写真やプロボクサーのサインが飾られる店内
 壁には元プロボクサーの辰吉丈一郎選手のサインなどプロボクサーのサインや写真が書かれていたり飾られていたりします。武蔵はプロボクサーファンが集まる店としても知られています。バンコクへ試合や武者修行に訪れるボクサーなども上田さんを慕って来店しています。

アクセス・地図

 サムセン通りソイ2の反対側にあります。

タグ:

この投稿は 2014年5月11日 日曜日 1:15 AM に 居酒屋・バー, 飲食店・カフェ・バー カテゴリーに公開されました。
投稿者: keijiro

コメントをどうぞ

掲載日: 2014-05-11
更新日: 2014-10-22
クチコミ数: 0
カテゴリ
エリア