観光・遊び・買い物

日本からバンコクへ最速で国際送金できるウェスタンユニオン

日本からバンコクへ最速で国際送金できるウェスタンユニオン

現金を送った瞬間にタイで受け取れる最速国際送金サービス「ウェスタンユニオン」 バンコクでも複数の銀行や両替所で対応

URL http://www.westernunion.co.jp/

 日本からタイへ国際送金する方法は、一般的には銀行から送金する人が多いと思われます。今回ご紹介するのは、送金した瞬間にバンコクで受け取れる最速の方法です。ウェスタンユニオンというサービスを利用します。

 大きな特徴は3つです。
1.タイの銀行口座を持っていなくても利用できる。
2.送金した瞬間に現地通貨で受け取れる。
3.手数料が比較的に高い(送金額に比例)。

ウェスタンユニオンとは!?

 19世紀半ばの1851年にアメリカで誕生したこのサービスは日本ではあまり知られていませんが、金融機関があまりしっかりとしていないアジアや東南アジアでは非常に普及しています。上記写真のようにウェスタンユニオンの黄色い看板やシールが掲示されていれば、送金を受け取ることができます。送金から受け取るまでの時間が短い分、手数料は銀行より高くなります。どうしても今日、明日中に現金が必要だという人向けのサービスです。バンコクだと銀行の他、私営両替所など同サービスが受けられる場所が多くあります。

 数年前まで日本から送金するときには主に大黒屋へ行く必要があり不便でした。しかし、現在では、セブン銀行のATMやモバイルバンキング、ファミリーマートにあるFamiポートからも送金できるようになり、かなり使い勝手が向上しています。また、取り扱い店舗にもエイチ・アイ・エス(H.I.S)が加わるなど便利になっています。

 送金や受け取りの詳細は公式サイトをご覧ください。

インターナショナルキャッシュカード(国際キャッシュカード・クレジットカード)

 その他の国際送金の方法も簡単に紹介します。

 インターナショナルキャッシュカードを持っているなら、ATMを利用して現地通貨を引き出す方法もあります。この方法も各社それぞれ年間費や引き出し手数料はかかりますが、ウェスタンユニオンよりは、かなり安くなります。出張慣れした人に人気があるカードは、新生銀行、シティバンク、楽天銀行、りそな銀行、みずほ銀行などがあります。本件は別記事で改めて紹介します。

銀行振込

 以前は、郵便局(現ゆうちょ銀行)からの国際送金が手数料が安かったため一般的でしたが、現在はより多様化し、多くのサービスが登場しています。銀行振込を利用するためには、タイで銀行口座を持っている必要があります。また、振込完了までの日数も4、5営業日かかります。高額送金などなどビジネス資金などの人向けの方法と言えます。

一言コメント

 ウェスタンユニオンは、バックパッカーなどが現地で現金を盗まれ一文無しになった時に利用するイメージがありました。また、日本からの送金が面倒だったこともあり、利便性が高いとは言えませんでしたが、セブン銀行との提携で一気に知名度を上げ便利になっています。バンコクは世界各国からの観光客が多いので、ニーズも高く、受け取れる場所の多さにも驚きます。

 調べてみるとウェスタンユニオンと類似サービスも増えてきています。”国際送金 最速”などでググってみてください。しかし、手数料を考えると、あくまでこれらのサービスは緊急時に利用するものと言えるかもしれません。やはり王道は、現金をそのまま持ち込んで、現地で両替し、もし足りなくなったら国際キャッシュカード等で必要額のみを引き出すのが現時点でもお勧めです。

この投稿は 2014年3月12日 水曜日 5:52 PM に バンコクお役立ち情報, 観光・遊び・買い物 カテゴリーに公開されました。
投稿者: keijiro

コメントをどうぞ

掲載日: 2014-03-12
更新日: 2014-03-12
クチコミ数: 0
カテゴリ
エリア