バンコク反政府デモ終焉 デモ隊と警察が衝突し死傷者を出した現場では

MRTシーロム駅前のデモ会場  昨年11月25日から続いていた反政府デモは、いちおう3月3日に終焉しました。現在は、バンコク一広いルンピニー公園内で活動を継続しているようです。余談ですが、ルンピニーは釈迦(ブッダ)生誕地の名称に由来します。

 上記写真は、パッポン通りやタニヤ通りの最寄り駅MRTシーロム駅前のデモ会場です(2月19日(水)撮影)。シーロム通りを封鎖してステージが設置され、ステージ前には聴衆が座ってピーピーヤーヤーと声援をあげています。さらにその聴衆を取り囲むように多く屋台が並んでいます。スリッパなどの日常品から笛や特性シャツなどのデモグッズが販売されていました。

 アジア一の規模の日本人街タニヤ通りの経済的な損害は甚大だったでしょうね。一部駐在員には安全ためタニヤには近づかないように通達した企業も少なくなかったとか。

 現在はこれらのステージも撤去されて平穏無事なバンコクへ戻っています。

民主記念塔デモ衝突現場

民主記念塔デモ衝突現場

 2月18日民主記念塔前のステージの撤去をめぐりデモ隊と警察が衝突し、デモ隊3人、警察官1日が死亡するなど多くの死傷者を出した現場です(2月22日(土)撮影)。

 パトカーや重機がひっくり返されてタイ国旗のペイントやタイ国旗が掲げられていました。

ひっくり返されて国旗色にペイントされたパトカー

ひっくり返されて国旗色にペイントされたパトカー

周辺には撮影する人たちも

周辺には撮影する人たちも

 最初のシーロム通り写真はこの4人の死者を出した日の翌日となります。変わらず活動していたということですね。

 後で在住知人から危険だから行ってはダメだと叱られてしまいましたが、この後にも伊勢丹前で死者を出した爆発などあり大いにビビリ猛省したのであります…。

 現在も選挙結果への反対など小規模デモが発生しているようですが、ほぼ平時に戻っていますので、安全にバンコクを訪れることができます。

この投稿は 2014年4月10日 木曜日 5:00 PM に ブログ カテゴリーに公開されました。
投稿者: keijiro

コメントをどうぞ

掲載日: 2014-04-10
更新日: 2014-04-10
クチコミ数: 0
カテゴリ
エリア